2009年12月24日

寡婦控除、異議あり

メリークリスマス、誠です。

今日はクリスマス・イブです。世界中の子供達に、サンタクロースがきっと来ることでしょう。

『寡婦控除、これでいいのだろうか』

寡婦控除は、女性の納税者が「寡婦」に該当する場合に受けられる所得控除です。控除できる金額は27万円、特定の寡婦に該当する場合には35万円です。

「寡婦」とは、その年の12月31日の現況で、次のいずれかに当てはまる人を言います。

(1) 夫と死別もしくは離婚した後、婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない人で扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人

(2) 夫と死別した後、婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない人で合計所得金額が500万円以下の人

現状、シングルマザーは寡婦控除を受けられず、今回の税制改正でも特に改正はないようです。子供に関する負担は、未婚かどうか関係ないと思うのですがね。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
欧米に比べると依然少ないものの、日本における婚外子の割合は着実に増加しつつある。婚外子やシングルマザーに対する税制の見直しの時期は確かに近いのではないだろうか。

(望月)

コメントを書く:

(最初にコメントするときは、承認までお時間をいただくことがあります。ご了承ください。)