2009年11月26日

秋日和

今日は待ちに待った(?)健康診断の日。

ここ3カ月程続けているスロージョギングの成果は一体どのように表れるのか。いつになく期待と自信を持って臨んだわけだが、結果はいかに。

ちにみにその場で結果がわかる胴回りについては、目標であった“アンダー85”を達成することはできなかった。来夏に雪辱を期す。

その後、横浜中税務署に立ち寄り、ついでに山下公園の方面に足を延ばす。と、まあなんてことでしょう~。見事に色付いたイチョウが出迎えてくれました。
200911261239000.jpg

200911261245000.jpg

(望月)

2009年11月24日

ふるさと納税 ~京都府・伊根町編~

誠です。

今年もまた“ふるさと納税”の季節がやってきました。今回は、先日5,000円を寄附した京都府の伊根町から“ふるさと特産品”が贈られてきました。

中身は、というと以下のとおり多種多彩です。
・清酒「京の春」
・さごし塩干し
・あじ塩干し
・小あじ桜干
・カマス塩干し
・コサバ味醂干し
・かわはぎ鍋用
・しず塩干し
・するめ一夜干

091121_1015~0001.jpg

しばらくは干物は買わないでも平気そうです。

(誠)

2009年11月20日

憎き“窓付き封筒”

習慣というのは恐ろしいもので、いや全然恐ろしくはないけれども、ゴミの分別を当初は非常に面倒に思っていた私でも、最近は自然とビニゴミやプラゴミをきちんと仕分けて捨てるようになった。エライ!

が、あの窓付き封筒とやらは今もって処理にとても手間がかかる。窓部分のビニールをうまく剥がすことがなかなかできない。だいたい途中でビニールが切れて、しようがないので紙部分と一緒に一般ごみの方に捨てることになる。

“ビニールの封筒に紙の宛名ラベル”という窓付き封筒の逆パターンも、また同様に面倒くさい。きれいに宛名ラベルのシールを剥がせるのは、百回に一回と言っていいだろう。ホントかよ。

分別をしようという健気な気持ちは儚く台無しとなり、上手に剥がそうというチャレンジ精神は大抵挫折感に変わる。心穏やかに過ごす日々の中で、なんの前触れもなく配達される窓付き封筒。まったく危険なシロモノである。

会計士協会などからの郵送物にも実は多かったりするのだが、ゴミの分別やエコを推進するための通知が窓付き封筒で来た日にゃ許さねえぞ、なんて思ったりする今日この頃。あの怪物を、どうにかならんのでしょうかね。

(望月)

2009年11月16日

横浜国際女子マラソン

誠です。

マラソンに行ってきました。と言っても走ったのではなく、『2009横浜国際女子マラソン』の応援です。

トップ集団を2周目から見るつもりでしたがすでに通りすぎた後で、ワンセグ片手に次の3周目を待つことに。周回コースで助かりました。

そうこうしてると32キロ地点に中継車がやって来ました。

「Qちゃ~ん、Qちゃ~ん」
091115_1402~0001.jpg

中継車の中の“Qちゃん”に思わず気を取られ、おかげで優勝したアビトワ選手は撮り逃し、ヌデレバ選手はこんな出来に。
091115_1402~0003.jpg

が、しかし日本人トップの嶋原選手はしっかりと撮ることに成功!
091115_1402~0004.jpg

とりあえず、メデタシ、メデタシ。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
嶋原選手が所属する「セカンドウィンド」とは、実は当所も少しだけ係わり合いがある。

当所のマラソン部も2名に増えたことだし、そろそろ「セカンドウィンド」に正式入部して来年の“横浜”を目指すとするか、誠君よ。いや、誠部長さん!(当所マラソン部の部長は、譲ってあげるよ)

(望月)

だから“横浜”は女子ですから~

(誠)

2009年11月05日

“地方法人特別税”スタート!

誠です。

11月に入りすっかり寒くなってきました。布団も、スーツも冬物へと変更です。

変更といえば、“法人事業税”の税率が変更となりました。

このブログにも書きましたが、“地方法人特別税”が創設された関係によるもので、平成20年10月1日以後に開始する事業年度から適用されます。

ということは、多くはこの11月申告(9月決算法人)からの適用となります。

資本金の額が1億円以下の法人(軽減税率適用)の場合ですと、
所得のうち、400万円以下が「5%」から「2.7%」に、
400万円超800万円以下が「7.3%」から「4%」に、
800万円超及び清算所得が「9.6%」から「5.3%」になります。

事業税が減った分は、“地方法人特別税”に転嫁するわけですが、税負担トータルとしては多少減るケースはあるものの増えるということはないようです。

(誠)