2008年11月19日

♪木枯らしに抱かれて

森林公園の木々の葉もようやく色づいてきたなと思ってたら、今日の強風でかなりの量の葉が落とされてしまいました。

で、もしかして今日の風って、“木枯らし”?と思って調べてみたところ、木枯らしの条件てのもなかなか厳しいようで。
http://www.rsk.co.jp/tenki/answer/004.html

・西高東低の冬型の気圧配置の時に吹く風
・時期は10月半ばから11月末まで(意外と早い!)
・風の方向は北から西北西
・最大風速8メートル以上
・平均気温が前日比3度以上低くなる

果たして今日の風が“木枯らし”であったのか・・・
強い風の割には、体感温度はそれ程寒くはなかったので、木枯らしではない方に500円!
夜のニュースで確かめよっと。

(望月)

2008年11月06日

ふるさと納税で得しちゃおう!

誠です。

「ふるさと納税」が今年からはじまりました。「ふるさと納税」とは言うものの、「ふるさと」に限らず、好きな都道府県や市区町村に寄付をすれば、その分税金が少なくなる、というものです。

総務省の試算によると、年収500万円の人が3万円寄付した場合、住民税22,500円、所得税2,500円、合計25,000円の税額軽減となります。
都道府県・市区町村に寄附した場合の税額の軽減額

3万円寄付して、25,000円の税額軽減?

差引き5,000円の損です・・・

これでは金持ちしかやりません。

と、諦めるはまだ早い。庶民の私が注目したのは「御礼品」です。

兵庫県美方郡の香美町では、1万円以上寄付をした人には、5,000円相当の特産品が贈られます。なんと“但馬牛”や“ベニズワイガニ”などから選べちゃう。
ふるさと納税 カニや但馬牛で“お礼”香美町

また、島根県の出雲市では、5,000円を超える寄付をした人に、5,000円相当の特産品が贈られます。
特産品の進呈

て、ことはですよ、、、

1万円ずつ3つの市区町村などに寄付をすれば、差引き5,000円の負担で、15,000円相当の特産品が手に入る、てことなのでは!?

(誠)

2008年11月04日

サブプライムと自衛隊

その主張内容はともかくとして、「日本は古い歴史と優れた伝統を持つすばらしい国だから、決して侵略国家ではない」という趣旨の前航空幕僚長の発言には少し驚いた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081103/plc0811032325008-n1.htm

「うちの子に限って、そんなことをするはずはありません」という親バカの思考そのままである。親バカならまだしも国の防衛トップがそれでは話にならない。いざ実戦となれば(なっては困るけれども)、「神風が吹くから、日本は負けるはずがない」といって無謀な作戦を実行しかねないタイプに思える。怖い。

ところで、現在の金融危機について、“金融工学”や“金融技術”などを悪者扱いする向きがある。また、“インターネット”や“携帯電話”の社会への悪影響を懸念する声も依然として大きい。

それらは、その利用のされ方次第で、社会に大きなメリットをもたらすこともあれば、逆の作用を及ぼすこともある。デメリット面のみを取り上げて、その存在意義を否定することは、「自動車事故があるから、自動車をなくせ」と言うに等しくフェアではない。メリットとデメリットの比較衡量した上で結論を出すべきだと思う。原子力しかり、自衛隊しかり。

しかし、利用するとしてもそれらの社会への影響度の大きさを考えれば、やはりその管理監督は十分に行う必要があるだろう。まさか「サブプライムローン」という一つの金融商品がらみで全世界の金融システムがこれほどダメージを受けるとは思わなかったが、世の中にはそれほどの威力を有するモノが確かに存在するということだ。それを思い起こさせてくれたことは、今回の金融危機の一つの教訓だったと思う。

そういう意味では、世界第○位の防衛費と言われる我が国の自衛隊について、我々はもう少し関心を高める必要があるのかも知れない。平時、存在感がないとしても(サブプライムだって、ほとんどの人は知らなかった)、有事ともなれば、きっと我々はそれまでは見えなかったその力を実感するはずである。その時になって、その組織を統括する人間の適否を判断しても、もはや後の祭りだ。

(望月)