2008年07月24日

「常用漢字」より「常用絵文字」を

これまた少し前のことだが、常用漢字に新たに188字が加わり5字がはずされるというニュースがあった。

加わる字は、藤、誰、俺、岡、頃、奈、阪、韓、虎、熊などで、これらがこれまで常用漢字ではなかったということに逆に驚くわけだが、同時に、そもそも常用漢字って一体何なのさ?という疑問も浮かぶ。

で、調べてみると、
http://bqpd.jp/knowledge/joyo_kanji.html

常用漢字とは、昭和56年10月1日に内閣告示第1号をもって示された「常用漢字表」に掲載されている漢字を指します。常用漢字表は、一般社会における漢字使用の目安であって、個々人の漢字の使用を制限するものではありません。
とのこと。

これ以前には、「当用漢字」というものがあって、これは戦後すぐに漢字の全廃(スゴッ!)を目的として制定されたものだった。当時、志賀直哉は日本語を廃止してフランス語にすべきという提案をしていたらしい。(以上、Wikipediaより。)

いずれにしても、複雑かつ多様な漢字を整理縮小するという趣旨があるわけだが、常用漢字でなくたって、国名や県名や人名にこれほど数多く使用され、ワープロでもちゃんと変換されるわけだから、今や常用漢字を制定する意義は限りなく透明に近いブルーになりつつあるようにも思う。

ただ確かに、「斎藤さん」と「齊藤さん」と「齋藤さん」が、「斉藤さん」として一つになってもらえると、宛名を書く時などに助かるのは間違いないけれども。

それよりも、携帯文化に乗り遅れている私としては、絵文字やKY語などに強力な規制をかけ、これ以上それらを増やさないようにして欲しいところだ。でないとホントについていかれへんわ。(T_T)←人生初めての絵文字!

(所長)

2008年07月10日

♪伊勢佐木町ブルース

(少し古い話題だが)、横浜松坂屋が今年の10月で閉店し、本館を建て替えて複合施設?にするとのこと。私自身は特にこれといった思い出があるわけではないが(ゆずを見に行ったこともないし)、あのレトロなエレベータが無くなってしまうのは惜しい気もする。

伊勢佐木町自体、最近はみなとみらいや港北ニュータウンなどに押されて、街として横浜の中でも存在感が薄くなりつつあるのは事実。特に全国的に有名な店やスポットがある訳でもなく、「ゆず」と、それから未だに「伊勢佐木町ブルース」が看板というのは、やはりどうかとは思う。

しかし逆に考えれば、平成の時代に取り残されたようなあの界隈の猥雑な雰囲気は、今や昭和の香りを残す数少ない街として貴重なものだとも言える。ラーメン博物館や「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(観てないけど)など、近頃は昭和懐古路線でヒットしているものも結構あるわけで、それに街ごと徹底して乗っかるという手もあるように思うのだが、いかがなものだろう。

てことで、
♪ドゥドゥビ ドゥビドゥビドゥビドゥバー 伊勢佐木町よ、どこへ行く~♪
とくりゃあ。

(所長)