2007年11月29日

日当について

やっと終わった今月分の決算。
その申告書の提出に、税務署まで行ってきました。
すぐ側の山下公園前のイチョウも色づいていました。
071129_1028~01.jpg

 ・・・あ~あ~、温泉でも行きたいな~
 ・・・顧問先に伊豆の温泉旅館があったらな~
 ・・・出張ついでに温泉に浸かるのにな~

『出張日当、もらわにゃ損損?』

仕事で出張に行った場合に支給される「旅費」や「日当」。
その出張に通常必要とされる費用と認められるものであれば、
給与として所得税が課税されることはありません。

その具体的条件としては、
(1)その支給額が、社内における適正なバランスの基準によって計算されている
(2)その支給額が、同業種、同規模の他社の支給額に照らして相当と認められる
の2点になります。

条文上、具体的な金額については示されていませんが、
出張旅費規程などは作成しておく必要があります。

消費税においても、「日当」は課税仕入扱いになりますので
出張の多い会社で「日当」を支給していないようなら、
「給与」の一部を「日当」として支給することにより、、
会社・従業員の双方に節税効果が生じる可能性があります。

所長、我が事務所の節税のために、
週末に温泉行ってきますので、旅費と日当くださ~い。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
行って来い、、、
どこへでも行って来い、、、
遠い遠いどこかへ、行って来~~~い。

(所長)

2007年11月20日

チェックリストで優遇金利

最近、当事務所では
「中小企業の会計に関する指針の適用に関するチェックリスト」
を作成する機会が増えています。

というのも、
この「チェックリスト」を活用した“優遇金利”等のある融資商品が、
多くの金融機関において取り扱われているからです。
また、信用保証協会においても、
保証料率の割引の際の必要書類として利用されています。

この「チェックリスト」は、
「残高証明書又は預金通帳等により残高を確認したか」
「手形の割引がある場合に、手形譲渡損を計上したか」
「受取手形の割引額がある場合、これを注記したか」
など約50数項目にわたり、
計算書類が「中小企業の会計に関する指針」に沿っているかをチェックします。

借入金が多額の場合には、利子負担も馬鹿になりませんので、
“優遇金利”は確かに魅力と言えます。

(誠)

2007年11月15日

子育て支援税制

先日、“サマンサタバサ”が会社内に保育施設を作って
東京都の支援制度の適用第1号になった、
というニュースがありました。

オジサンたちには馴染みのうすい会社ですが、
若い娘では知らない人がいないというこの会社、
目のつけどころが、“さすが”です。

『子育て支援税制、創設』

青色申告書を提出する法人が、一定の基準を満たす
事業所内託児施設の設置及び運営を行っている場合には、
平成19年4月1日から平成21年3月31日までの間に
新設をした事業所内託児施設等について、
割増償却ができることとなりました。

少子化対策の一環なのでしょうが、
女性の社会進出を国が後押しするのは良いことだと思います。

ところで、所長は“サマンサタバサ”を御存知ですよね~~

(誠)

いや、だから『奥様は魔女』の奥様のフルネームちゃうの?

(所長)

2007年11月07日

気分は年末!

今日は税務署に行って、年末調整に必要な
「扶養控除等申告書」などの書類を大量にもらってきました。

また先日は、自宅に生命保険会社から
「生命保険料控除証明書」が届いていました。

「今年ももう終わりだな~」と思って封書を開けてみると、
“損害保険料控除は、今年から廃止になりました”の文章が。。。。
忘れてた~!税金増えちゃう~!

『長期の損害保険料は、控除できます』

平成19年分より「損害保険料控除」が廃止になりました。
しかし、一定の長期損害保険契約等に係る損害保険料については、
経過措置として「地震保険料控除」の対象とすることが可能です。

(1) 平成18年12月31日までに締結した契約
 (保険期間又は共済期間の始期が平成19年1月1日以後のものは除く)
(2) 満期返戻金等のあるもので保険期間又は共済期間が10年以上の契約
(3) 平成19年1月1日以後にその損害保険契約等の変更をしていないもの

損害保険料もなくなり、定率減税も撤廃され、
今年の年末調整ではいったいいくら還付されるのかな~

(誠)