2007年08月08日

夏夜の定番

いや~毎日暑いですね~。
ちょっと前までは、ビール&ナイターが夏夜の定番でしたが、最近はテレビからナイター中継が少なくなり、こんな過ごし方もしなくなってきました。(寂)

最近は、『週間オリラジ経済白書』(火曜21時日本テレビ)という番組をよく観ます。お金の流れや意外な値段など、知る事で得をする情報をテーマにしたバラエティー番組で、暇そうなタバコ屋が潰れないのはなぜか等のカラクリを紹介したりします。(飲食店等に置いている自販機の売上が大きいそうです。)

先日のテーマは、「脱税」。レジペーパーの打ち直し、領収書の改ざん、架空の人件費の計上など、“売上除外”や“架空経費”の手口を元国税庁の人が解説していました。飲食店での調査の事例では、調査官が伝票をチェックしながら、「あれ~?売上が抜けていますね~」と“売上除外”を発見。どうしてわかったかというと、数日前にあらかじめ食事に来て、自分の伝票にチェックマークをつけておいて、後日調査時にその伝票がないことで発見したというものです。

これは私、実際に経験があります。関与先のレストランで調査があった際、ホールの従業員の人が、「あの調査官、数日前にお客として来ていましたよ」とこっそり耳打ちしてくれました。その調査では特に何の指摘も受けませんでしたが、こんな(いやらしい?)方法も税務調査では定番として用いられているのです。

(誠)

コメントを書く:

(最初にコメントするときは、承認までお時間をいただくことがあります。ご了承ください。)