2007年08月15日

62年前の出来事

今日、8月15日は、62回目の終戦記念日です。

8月になるたびに、広島・長崎・沖縄の名のもとに、
戦争について考えさせられます。
私は戦争を知らない世代ですが、幼少のころ、
祖父から戦争体験話をよく聞かされたことを思い出します。

“日本史”上のことのように感じますが、現在でも、
「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法により支給を受ける特別弔慰金」
「戦没者等の妻に対する特別給付金支給法により支給を受ける特別給付金」
など、所得税において非課税所得とされているものが数多くあり、
遠い昔の出来事でないことを感じます。

久間前防衛相の「しょうがない」発言などありましたが、
今一度、戦争について考えるべきなのでしょう。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「しょうがない」という言葉は、常に“思考停止”する際に用いられる。
父母や祖父母が体験したあの戦争というものに対して、
戦後生まれの我々が取るべき唯一のスタンス。
それは、あの戦争について「考え続けること」なのではないのだろうか。

(所長)

コメントを書く:

(最初にコメントするときは、承認までお時間をいただくことがあります。ご了承ください。)