2007年08月27日

馬について

“馬インフルエンザ”が沈静化傾向にあるようです。
人や鳥などの他の動物には感染しないようですが、
馬から馬へは感染するため、
先週の中央競馬は開催中止になってしまいましたね。

『減価償却制度 大改正』

平成19年の税制改正で、減価償却制度が大改正されました。
平成19年4月1日以後に取得する新規取得資産については、
償却可能限度額と残存価額を廃止し、
耐用年数経過時に1円(備忘価額)まで償却できるようになりました。

これに伴い、平成19年3月31日以前に取得した既存資産については、
償却可能限度額まで償却した後、
5年間で1円まで均等償却ができるようになりました。

減価償却資産としては、「建物」や「車両」が代表的ですが、
「馬」「牛」「豚」なども減価償却資産に該当します。

ちなみに「競走馬」は耐用年数4年、
「種付用の馬」は耐用年数6年となっており、
この年数で償却されていきます。

そういえば、「馬肉」には馬インフルエンザの影響はないんですかね~

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「競走馬→種馬→馬肉」という一生を想像すると何とも悲しくなるが、
きっと競馬用と食用に初めから区分けされているのだろう。
“食用馬”ってのも、ちょっとせつない存在だけれども、、、。

競馬が中止になったおかげで、
誠君の小遣いの耐用年数はちと延びたのでは?

(所長)

2007年08月21日

ファイナンス・リース取引

少し前に事務所の営業車を買い換えました。前の車と同様、コンパクトカーなため小回りが効いて仕事用に快適です。当所では購入しましたが、最近ではリースする会社も多いようです。

「リース取引に関する会計基準」の変更に伴い、平成19年の税制改正において、平成20年4月1日以後の「所有権移転外ファイナンス・リース取引」については“売買取引”とみなされ、リース資産は、資産計上された上で、原則としてリース期間にわたり定額法で償却されることとなりました。

「ファイナンス・リース」とは、リース期間中に中途解約が不能で、借手がリース資産からもたらされる経済的利益を実質的に享受することができ、かつ、借手が使用に伴って生じるコストを実質的に負担することとなるリース取引をいい、「所有権移転外」とは、リース期間終了時に所有権が賃借人に無償で移転するものなど以外のものをいいます。(なんだか非常にややこしいですが)

税務的には、消費税において仕入税額控除の時期が前倒しになることがメリットといえます。

事務所の営業車もリースしましょう。
いっそオープンカーがいいですね~。
オープンカーで海沿いの道を“サザン”を聴きながらドライブしたいな~。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オープンカーで海沿いの道をサザンを聴きながら、さあ~て、どんな「営業」をしてくれるのか、ある意味大変興味深いな。企画書次第では、“リース基準改定記念”に営業車リース、考えてもいいぞ。が、ちなみにわかっているとは思うけど、うちは会計事務所だからね、わかってるよね、誠君。
(と言うか、事務所的には人材のリースを考えた方が良いのかも・・・)

(所長)

2007年08月15日

62年前の出来事

今日、8月15日は、62回目の終戦記念日です。

8月になるたびに、広島・長崎・沖縄の名のもとに、
戦争について考えさせられます。
私は戦争を知らない世代ですが、幼少のころ、
祖父から戦争体験話をよく聞かされたことを思い出します。

“日本史”上のことのように感じますが、現在でも、
「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法により支給を受ける特別弔慰金」
「戦没者等の妻に対する特別給付金支給法により支給を受ける特別給付金」
など、所得税において非課税所得とされているものが数多くあり、
遠い昔の出来事でないことを感じます。

久間前防衛相の「しょうがない」発言などありましたが、
今一度、戦争について考えるべきなのでしょう。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「しょうがない」という言葉は、常に“思考停止”する際に用いられる。
父母や祖父母が体験したあの戦争というものに対して、
戦後生まれの我々が取るべき唯一のスタンス。
それは、あの戦争について「考え続けること」なのではないのだろうか。

(所長)

2007年08月08日

夏夜の定番

いや~毎日暑いですね~。
ちょっと前までは、ビール&ナイターが夏夜の定番でしたが、最近はテレビからナイター中継が少なくなり、こんな過ごし方もしなくなってきました。(寂)

最近は、『週間オリラジ経済白書』(火曜21時日本テレビ)という番組をよく観ます。お金の流れや意外な値段など、知る事で得をする情報をテーマにしたバラエティー番組で、暇そうなタバコ屋が潰れないのはなぜか等のカラクリを紹介したりします。(飲食店等に置いている自販機の売上が大きいそうです。)

先日のテーマは、「脱税」。レジペーパーの打ち直し、領収書の改ざん、架空の人件費の計上など、“売上除外”や“架空経費”の手口を元国税庁の人が解説していました。飲食店での調査の事例では、調査官が伝票をチェックしながら、「あれ~?売上が抜けていますね~」と“売上除外”を発見。どうしてわかったかというと、数日前にあらかじめ食事に来て、自分の伝票にチェックマークをつけておいて、後日調査時にその伝票がないことで発見したというものです。

これは私、実際に経験があります。関与先のレストランで調査があった際、ホールの従業員の人が、「あの調査官、数日前にお客として来ていましたよ」とこっそり耳打ちしてくれました。その調査では特に何の指摘も受けませんでしたが、こんな(いやらしい?)方法も税務調査では定番として用いられているのです。

(誠)