2007年05月28日

簡易?課税制度

税務調査に立ち会ってきました~!!
いつもながら、間違った処理をしなかったかと不安になります。

売上の計上時期や経費の損金性などのチェックが行われましたが、
なんとか問題なく無事に終わりました。ホッと一息です。
今回の調査でも調べられましたが、

「消費税・簡易課税制度って、ホントに簡易?」

消費税の納付税額は、「売上等に係る税額」から
「仕入等に係る税額」を差し引いて計算されますが、
簡易課税制度とは、「仕入等に係る税額」を“実際の金額”ではなく、
「売上に係る税額」と業種ごとに区分された一定割合とを
掛け合わせて算定する制度をいいます。

この一定割合を「みなし仕入率」といい、
 卸売業(第1種)・・・・90%、
 小売業(第2種)・・・80%、
 製造業等(第3種)・・・70%、
 その他の事業(第4種)・・・60%
 サービス業等(第5種)・・・50%、
の5つの業種に区分され設定されています。

が、この業種区分が全然「簡易」じゃなく、間違い易いところです。

パン屋さんにおける“パンの売上”を例にとりますと
 ・自店でパンを製造して販売すると(第3種)
 ・他者が作ったパンを仕入れて販売すると(第1種)か(第2種)
 ・同一店舗内の喫茶スペースでの売上は(第4種)
となり、結構微妙であることがお分かりになると思います。

ちなみに当所のような会計事務所の売上は(第5種)に該当します。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そう、会計事務所は、“サービス業”なのだ。

(所長)

2007年05月24日

インターネット公売

「インターネット公売」という言葉を最近ニュースや新聞で耳にします。
東京都が全国で初めて実施してから、
様々な自治体でも実施するようになりました。

そして、この度、遂に国税庁でも実施されました。
3階建てのリゾートホテルなどが公売にかけられ、
約3600万円で落札されたそうです。

公売は、差押財産を換価(売却)するときに、
“入札”や“競り売り“”の方法により行われます。
原則として誰でも参加することが可能です。

国税徴収法第90条には
「果実は成熟した後、蚕は繭となった後でなければ換価をすることができない。」
といった変わった規定あります。

お宝が眠ってないかと、試しに国税庁のホームページから
公売情報を覗いて見ましたが、絵画や宝石などの目利きができない私には
それが高いのか、安いのかさえわかりませんでした。

(誠)

2007年05月14日

事務所インタビュー

MyKomon(マイコモン)という会計事務所サイトに
私のインタビュー記事が掲載されました。
→会計事務所インタビュー

掲載料も掛からないが、取材料ももらえない(当たり前か)、
というものでしたが、照れなどもあったりして、
自らをアピールする事における“拙さ”を思い知ってしまいました。

営業力の向上を図る上でも、まずは『孫子の兵法』でも読んで、
「自らを知る」ことの大切さから学んでみようかしらん。

(所長)

2007年05月07日

育児支援と税金

ゴールデンウィークが終わりました。
連休中は天候にも恵まれ、鯉のぼりも優雅に青空を泳ぎまわり、
子供達も楽しそうでした。

そんな中、少し前の話題になりますが、
ソフトバンクが、また、“予想外”の発表をしました。
なんでも、勤続1年以上の正社員に第5子以降の子供が生まれた場合、
「1子につき500万円を支給する」のだそうです。

会社が、従業員や元従業員又はその親族などのお祝いや不幸などに際して、
一定の基準に従って支給する金品に要する費用
(例えば、結婚祝、出産祝、香典、病気見舞いなど)は、
交際費には含まれず、福利厚生費となります。

一方、受取る側は、結婚、出産等の祝金品は給与扱いとなりますが、
その金額が支給を受ける役員又は使用人の地位などに照らして
社会通念上相当と認められるものであれば課税されません。

う~ん??「1子につき500万円」というのは、
現在の社会通念上相当とは認められないような気がします。

(誠)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当所では、「1子に付き500万円」なんて制度は導入していませんから、
くれぐれも勘違いして頑張らないように、誠君。

(所長)