2006年12月21日

♪シャ・ラ・ラ

ご無沙汰しております。山田に代わり、代打所長です。

この時期、会計事務所は年末調整真っ只中で慌しい空気に包まれます。日本では、個人の税金に関して一律に12月を決算期としているので、どうしても年末調整のこの時期から確定申告の3月上旬までが業界の繁忙期となります。法人のように、個人も任意に決算期を選べるようにすれば、なんて発想も面白いですが、きっと今以上に税務業務は煩雑なことになるような気はします。

で、年末調整のこの時期、職員がかなり忙しく立ち働いている一方、所長はというと案外と時間があったりして(大きい声では言えませんけれど)、その罪償い?として久しぶりにブログを書いてみようかなどと思ったりするわけですね、はい。

振り返れば、今年も色々なことがあり、それが今年のことなのか、去年のことなのかさえはっきりしない出来事もいくつかあって・・・、来年こそ脳検査を受けようなどと決意するのもこの時期だったりします。

“幸せの量”とは、人から「ありがとう」という言葉や気持ちをもらった数である、という一文を今年あるメルマガで読みました。今年1年、その量をどれだけ増やすことができたのか。年末、そんなことを考えてみるのも良いかもしれません。

一方で、“原罪”なんていうとちょっと大袈裟ですが、自分の行為が他者を傷つけている可能性もある、ということも同時に忘れてはならないように思います。一人の人間でも色々な面を持ち、それこそ捉えどころのない複雑かつ奇妙なものだということを年を取るにつれ実感するようになりました。

ということで、失礼ながらこの場を借りて、今年お世話になった方々には感謝の言葉を、そしてご迷惑をお掛けしてしまった方々にはお詫びの言葉を心の中で申し上げ、私からの今年最後のブログとさせていただきます。

来年もまたどうぞよろしくお願い申し上げます。

(所長)

2006年12月13日

鎌倉 切り通し

こんにちわ。12月担当、山田です。
12月に入っても割合のんびりムードだった事務所内も、さすがにわさわさした雰囲気が漂ってまいりました。年末調整シーズン突入です。

という事務所内の動向にはあまり関係なく…
少し前の週末に、鎌倉に紅葉見物に行ってきました。今年は夏暑い時期が長引いたせいもあってか、紅葉は遅かったそうで、見頃は12月頭ごろ、と言われていたのですが、少しそれよりは早めに。あわせて「鎌倉の切り通し」をどこか一つ見たいと思い、「釈迦堂の切り通し」を選んで、その近辺のお寺めぐりをしました。
「釈迦堂の切り通し」は、鎌倉に7つある(と、今回調べて知ったのですが)切り通しの中では小規模のほうだと聞いていたのですが、なかなか圧巻な見ごたえでした。

pic061212-1.jpg

街に比べたら格段に気温も低く、独特の雰囲気があります。今度機会があったら、是非他の切り通しも見に行ってみたいです。次回は通り過ぎるのに30分はかかるという「朝比奈の切り通し」に行ってみたいです(どうもミステリースポット扱いらしいので、是非とも真昼間に)。

紅葉はやはり、局所的に色づいているかな?といったところでしたが、自然たっぷりのエリアだったので、それだけで気分が良かったです。

pic061212-2.jpg

報国寺 竹林の端にあるもみじ 竹林も良い雰囲気でした

pic061212-3.jpg

鎌倉宮の大もみじ 

近所なので逆にあまり行く機会がなかったのですが、鎌倉は各エリアを制覇しようと思うととてつもなく広い観光地ですね。また春にでも行こうと計画中です。

(山田)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“海があって、山があって、古い寺があって、お洒落な店があって、
年配も方も、若者も惹き付ける街、、、いざ鎌倉へ!”

JRの広告としてどうだ。

(所長)