2006年07月31日

ダヴィンチ・コード(=規定、慣例)

「世界の車窓から」、今週はイタリア・ミラノです。

電車がミラノ中央駅に着くなり公衆電話の受話器を握り締め
何度も電話をするはめとなりました。
レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」を観る為の予約が必要だからです。

完全予約制と知ったのが前日。
英語版電話予約もあるということでチャレンジしたのですが、
巻き舌イタリア語のテープアナウンスが流れるだけで、
一向にオペレーターと繋がりません。
仕方なく、当日、とにかく現地へ行くことにしました。

窓口に出向いたものの、暗記してしまった電話番号が
書かれたメモをただ渡され、また公衆電話へ。
昨日と同じアナウンスが流れます。
結局、8/15迄予約一杯ということでした。
「一組25人の鑑賞時間15分」というシステムには驚きです。

すぐそこにあるのに観られない。残念でなりません。
暑さにもやられて、イタリアンジェラードを木陰で食べ、
少々落ち込みます。

この名画は観光地でもない、ごく普通の生活する街にあります。
石畳を車が結構なスピードで走り、
バールでは近所の人々が談笑しています。
そんな中、約500年前に描かれた絵が、
今も静かに呼吸をしているかと思うと時の不思議さを感じます。

壁の向こうの「最後の晩餐」を感じながら
ジェラードを頬張った時間もまた、心に残る1枚となりました。

行くご予定のある方、予約はお早めに!!

(原田)

2006年07月25日

世界の車窓から

9日間の旅を終え、遊んできた代償として
今週はパソコンキーボードを叩く音も一層激しさを増しました。

今回の旅行のメインは長距離列車です。
スイス・チューリッヒ~イタリア・ヴェネチア間約600キロ、
8時間の旅はまさにTV「世界の車窓から」でした。
頭の中は例のテーマソングが鳴りっぱなし...

2等の6人がけコンパートメントといわれる個室になっている座席。
8時間の間にコンパートメント内で5.6組の人の出入がありました。
その度にちょっとしたコミュニケーション発生。
お互い片言英吾、あるいはゼスチャーで話をし、
時にはなんだか分からないまま、笑ってごまかしていました~。
そしてHave a nice trip !!と別れていきました。

アルプスの山々は壮大で、日本の山にはない高さに興奮。
山の中腹から迸る滝。頂に残っている雪の白さ。
湖の爽やかなブルー。窓辺に咲き乱れる紫やピンクの花。

この景色と人々とのささやかな出会いが
スイスのベストショット!でしょうか。

(原田)

2006年07月10日

♪旅人のアルバム

こんにちは。7月担当の原田です。
根岸の緑も深さを増し、事務所のクールビズ人口も増え、
いよいよ夏本番!です。

明日から早々とお休みを頂いてスイス、イタリアに行きます。
今回は準備にあたり、インターネットが大活躍でした。

「スイス~イタリアを列車で移動。日程O日間。ホテルはOO」
と旅行会社にメールをしますと、希望通りの航空券、
列車の特急券&指定券、ホテルを取ってくれました。
ホテルは、事前にホームページにアクセスして部屋の様子を確認。
お洒落~!だの古くない?だのあれこれ吟味し、
苦手な予約は旅行会社にお任せ。

今まで旅行会社に何度か足を運んで進めていたことが、
家の中でほぼ完了してしまいました。
また、店頭のパンフレットの中から、出来るだけ希望に添うものを
と妥協しながらプランを練っていましたが、
完全に「希望通りの旅」に仕上がりました。

改めて世の中の変化に感心。

普段はせいぜいメールと情報検索くらいしかしない私ですが、
これを機に、使い方の幅を広げてみようかな!
と思える新たな経験でした。

(原田)